C86を終えて一言


C86参加者の皆様、お疲れ様でした!
館内温度が昨年より5度くらい低かったとかいいつつも湿度のせいで相変わらずの環境でしたが
朝は肌寒いくらいの気温、昼からは蒸し暑くもホールで入口なら風にあたれるという比較的良環境の中
参加者の皆様におかれましては、何事もなくコミケを満喫できたかと思っております。

また、当サークルへお越しいただいた方につきましては、酷暑の中ありがとうございました。
買ってくださった方のみならず試聴してくださった方にも感謝の意を。

例によって、頒布したCDに関しまして。
収録曲6曲という3枚目の "ミニではない" コンセプトアルバム「The Third Crown」でしたが
メンバー全員の予想の遥か斜め上を行くペースで皆様にお届けすることができました。
本当にありがとうございます。

今回はピアノソロや和風インストのみならず、ゴシック調の曲を収録するというアプローチを行いました。
思いのほか「トラウマクイーン」を気に入ってくださった方が多かったため、嬉しい限りです。
もちろん和風インストを聞いて手に取っていただいた方もおられましたし、割と様々な反応があったように思います。

当スペースに来られた方で試聴を希望された方には、当サークルの作曲担当の浅川サナタをほぼ常駐させたため
個々人の要望にマッチする曲を提供することができたと思いますが、
それでもなお「求めるものと違う」という声がありましたことも事実です。
これらの意見については貴重な参考意見として、今後の活動に生かさせていただきます。

なお、製作にあたっては万全を期しておりますが、全て手作業による製作ゆえ
ディスクが読めない・傷が付いている・ジャケット不良等の不具合がある可能性がございます。
もしそのようなものに該当したCDをお持ちの方は、大変お手数ですが
  contact(AtMark)queenbell.info
まで連絡を頂ければ、返金もしくは交換、あるいはデジタル形式でのダウンロードURLを提供させていただきます。
また、今回のC86夏コミ新譜・当サイトより聞ける旧譜のクロスフェードデモ等を含めた
Queen Bell に対するご意見・ご感想・苦情やクレームなども随時募集中です。何か一言あればお気軽にどうぞ。


暑さも一段落し、これからは涼しくなっていくような天気予報が既に発表されているようですが
皆様におかれましては水分と塩分をしっかり補給の上、体調を崩すことなく過ごされますよう
勝手ながらご祈念申し上げます。

今後とも何卒 Queen Bell をよろしくお願いします。


Queen Bell メンバー一同
囲前 栞・浅川 サナタ・仁村 雅雪 拝
2014.08.18
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
-おまけ-
omake image
「The Third Crown」収録曲最終調整中の様子 (クリックで拡大)


omake image2
「The Third Crown」CDレーベル面手作業印刷中の様子 (クリックで拡大)


omake image3
「The Third Crown」全部数製作完了祝いをこれから始める様子 (クリックで拡大)


/* Comments from Queen Bell members */

猛暑の中当ブースへお越しいただきありがとうございました。
今回のCDは私の曲だけではなく、仁村の完全オリジナル曲、囲前原作の曲、
果てやゲストのchin氏の曲が詰まった実験的なCDとなっております。
いつものQueen BellのCDと違う曲構成、曲調が新鮮に感じられるかも知れません。
今後も新しい試みを続けていこうと思いますので、Queen Bellをよろしくお願い致します。
――from 浅川 サナタ (Sanata ASAKAWA) / Queen Bell Composer


えらい暑さの中お越し頂いた皆様、ありがとうございました。
10時くらいまでは割りと涼しく楽勝ムードでしたが、やっぱり世の中そんない甘くありませんでしたね。
今回私はゼロから作曲を行うという初の試みがあり、紆余曲折の末1つの習作曲が世に生まれました。
未熟な曲を気に入って購入してくれた方もおり、大変励みになりました。
もの造りっていいですね。本当にそう思いました。
次のCDではもっと多くの曲を収録して行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。
最後に、当サークルにかかわって下さった全ての参加者へ厚く御礼申し上げます。
――from 仁村 雅雪 (Masayuki NIMURA) / Queen Bell Arranger, and composer as Tr.03


……えっ、今回も書いていいんですか?
やっぱり何かもうちょっと書かせてもらえるんですね!
そうですか、では折角だから俺はこの文字色(略)
おはこんばんちわ、Queen Bell代表の囲前 栞です。
笑いというのは繰り返すのが基本ですが、このネタももう出がらしなので最後に一言だけ。

超感謝。
――from 囲前 栞 (Shiori KAKOMAE) / Queen Bell Producer, Director and composer as Tr.02