C90を終えて一言


C90参加者の皆様、大変お疲れ様でした。

たまには出だしの文言くらい変えてみたくなるものですね。
文末のエクスクラメーションマークを取り払ってみました。

さてさて、コミケに参加された方は本当にお疲れ様でした。
曇りがちで若干風もあったので、当サークルが配置された西館は
夏コミが夏コミと感じられないほど涼しくすごしやすい気温でしたが、
メインであろう東館は例によって人の生存可能環境を大幅に逸脱している
環境だったようです。
ああ、西館のしかも上のフロアでよかった。しかも隅っこだったしね。

そんな夏コミも終わってからもう1週間も経っているので、皆様におかれましては
健全な頒布物や、子供には到底見せられない頒布物を堪能中かと思われます。

で、今回のQueen Bellの頒布物につきまして。

まず最初に謝らせて頂きたいのですが、「Inherited Crown II」が正午付近に
すべて頒布終了となってしまった件、お詫び申し上げます。
本来であればもう少し持っていけたのですが、ちょっとした事情があって
頒布できる枚数が限られてしまいました。
頒布終了後も多くの方が「M3の新譜を~」と仰ってくださったことは嬉しかったです。
反面、申し訳なかったです。
次回のM3、2016年10月末のイベントを含め、若干数、今後も頒布いたします。

頒布したものについて。
1つは昨年秋(2015年10月)のM3において頒布、その後のC89冬コミで再頒布した
「白夜朱蒼」という4枚目となるフルアルバムです。
もう1つは、今年春(2016年4月)のM3において頒布した
「Inherited Crown II」というミニアルバムです。

今年春のM3のときは、昨年の冬コミのときに多数寄せられた
「新作ないんですか?」の声に少しでもお応えするべく
ミニアルバムという形で「Inherited Crown II」を出させて頂きましたが、
今回の夏コミは新譜なしということで、期待されていた方には申し訳ないです。

ただ1つ思ったのは、初出がM3である上記2枚の当サークルCDを
今回のコミケで初めて手にとって下さる方が非常に多かったな、ということです。

M3についてざっくり説明するときが来たかもしれません。

M3というのは、公式サイトで「音系・メディアミックス同人即売会」と謳われている
音楽作品に的を絞ったイベントのことです。
Queen Bellも次回のM3-2016秋にちゃっかり受かっておりまして、
第1展示場・D-24b にて参加いたします。よろしくお願いします。


さて、M3というのはコミケほど大々的に様々なジャンルを扱うわけではないので、
同人音楽に興味がある人にしか恐らく知られていない即売会です。
でも、サークル参加数は大体1000くらいなので、結構大きめです。
毎年春(4月末、5月の大型連休の直前)と秋(10月第3週付近)の日曜日に
東京流通センター(TRC)というところで開催されています。

開催曜日が必ず日曜日ということ、関東近郊の人なら来られる距離ではあるものの
それ以遠の人からすると、翌日が平日ということもあって
なかなか来づらい即売会ではあります。

こちらの即売会に参加するようになったのも、もう2年も前のC86夏コミで
「Queen BellさんはM3に出られないんですか?」との声を頂いたのがきっかけでした。

……なんかこの辺の話はだいぶ前に書いた気がするので、端折りましょう。

ともあれ、M3にも参加させていただけるようになり、より多くの方に
Queen Bellのサウンドをお届けできるようになったとは思いますが、
やはりコミケという大舞台でも頒布し続けていくことには大きな価値があると
改めて認識した次第です。


というわけで、毎回同じ文面で恐縮ですが、CDに関する注意点だけ。
製作には万全を期しておりますが、いかんせん1枚1枚が手作り&手作業での梱包ゆえ
「焼けてない」「聞けない」「傷ついてる」「読み込めない」等々
製作上の不良がもしかしたら発生している可能性があります。

もしそのようなものに該当したCDをお持ちの方は、大変お手数ですが
  contact(AtMark)queenbell.info ("AtMark"は半角@に置換願います)
まで連絡を頂ければ、所有を確認のうえで返金もしくは交換、あるいは
デジタル形式でのダウンロードURLを別途提供させていただきます。

また、今回再頒布した作品、および当サイト左側の「Music」より聞けるCD未収録曲や
Queen Bell に対するご意見・ご感想・苦情やクレームなども随時募集中です。
何か一言あればお気軽にどうぞ。


もう十分書きましたよね。
結構長く書きましたね。
文章をひねり出すのは結構得意なので、だらだらと書いてしまいます。
毎回ほんとすみません。

というわけで。
今後とも何卒 Queen Bell をよろしくお願いします。


Queen Bell メンバー一同
囲前 栞・浅川 サナタ・仁村 雅雪 拝
2016.08.23
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
--- 恒例のおまけ ---

なんかもう、この手の改行に改行を重ねた手法というのも実に古臭くて
明らかに年齢バレてしまいそうですが、ソースにhtmlファイル名だけ書くとか
tabキー押さないと出てこないリンクだとか、そういうのよりは大分マシだと思うので
革新的方法が思いつくまではこの方法でいきます。
ちなみに上の話題のことを懐かしいと思う人は、歳がバレます。
改行だけで隠さないのは、技術的な話になりますが、<br>の連続はNGだからです。

前回のコメントでは「Inherited Crown II」が世に出るまでの紆余曲折を書きましたが
今回は 特に ありません すみません。

なので、CDを焼くとかいった作業は一切発生しませんでした。
これならみんな平和に6時間寝てコミケにいけるね!

……どうやら執筆者(しおり)は、コミケ前は充分寝られないジンクスがあるようです。
すぐ終わるだろうと思ってた宣伝用のPOP作成とかを放ったらかしていたので
コミケ当日の0時あたりに全て片付けてからサークルチェックをザッと済まし、
時計を見ると朝5時半でした。

ところがどっこい……夢じゃありません……! 現実です……! これが現実……!
(前回もこのワードを使ったので2回目の登場)

ま、そんなこともありますよね。
結局のところ30分ほどしか寝ないまま、メンバーに伝えた時刻を20分くらい遅延し
会場入りする運びとなりました。
遅れてすみませんでした。

いつだっけ、1週間前に全部の準備が終わったの。何のイベントだっけ、M3だっけ?
ああ、懐かしいなあ。あの時はクロスフェードデモもちょっぱやだったなあ。
浅川君、ありがとうね。毎回感謝してます。
浅川君、ごめんね。作曲するする詐欺でごめんね。
浅川君、よろしくね。しおりは着実な1歩で前に進んでいくからね。
仁村君、君には特にコメントはありませんごめんね。

そんな埼玉。
読んでくださりありがとうございました。

以下、メンバーからのコメントとなります。
なんかもう隠す意義もないので改行連続とかなしで。

以上、かこまえしおりでした! またM3でお会いしましょう! 生きてたらね!



/* Comments from Queen Bell members */

オッス、オラ浅川サナタ!!
こんなに暑くて、荷物も多くてやべぇってのに、オラなんだかワクワクしてきたぞぉ!!

いや、冗談抜きに暑くてくたばりそうでした・・・。
西館は割とマシでしたが、東館の阿鼻叫喚ぷりったらないよ・・・。
特に東館の外で並んだ時には、このまま全てを投げ出して、ゆりかもめで帰りたくなるほどでした。
そんな中、Queen Bellのスペースにお越しいただいた方々、本当にありがとうございました。
割と早めにInherited Crown 2が頒布終了になってしまい、
全員の手に届けることができなかったのが心残りです・・・申し訳ありませんでした;w;
10月に開催される秋M3でも上記CDを頒布予定ですので、今回逃してしまった方は
改めてその際に是非お手にとっていただければと思います><
ありがとうございました。

――from 浅川 サナタ (Sanata ASAKAWA) / Queen Bell Composer


仁村です。
C90に参加された皆様、お疲れさまでした。
Queen Bellのスペースにお越し下さった皆様、ありがとうございました。

今年の夏コミは気温がいつもほどは上昇せず、また西館だったこともあり
オマハビーチのような惨状は避けられたようですね。
「ようですね」というのは、私は今回のコミケは諸般の事情により参加できませんでした。
いないとは思いますが、万一私と握手しにきてくれた方がいましたら
大変申し訳ありませんでした。

M3秋には参加できるかと思いますので、その際はよろしくお願いします。
なお、冬コミにも申し込みを行いましたので当選の暁にはそちらでもよろしくお願いします。
そういえば、いまのところ、当サークルはM3の当選率100%を維持しております。
毎回「こんなに連続で当選してるんだから次は落ちるだろう」と思っているのですが、
M3の神様は我々に優しいようです。

一部の頒布物(Inherited Crown 2)が午後の割と早い段階で在庫切れになってしまいましたが、
これに関しては Critial Error がありました。
実は前回のイベント後比較的多めに残ってしまったため、メンバー全員で3等分して持ち帰ったのですが、
今回は仁村分を事前に受け渡しするのをすっかり忘れてしまいました。
記憶が定かならコミケ終了まで持ちこたえられる部数はあったはずです。
聞くところによると在庫切れ後にもお越し下さった方が複数いらっしゃったそうで
大変申し訳ないことをしてしまいました。

Inherited Crown 2についてはM3秋で若干数、再頒布する予定です。
こちらの不手際が元で面倒をかけてしまい申し訳ありませんが、
もし次のイベントでも欲しいという方がいらっしゃいましたら
スペースにお越し下さると大変嬉しいです。

というわけで参加者の皆様(+この長文を読んで下さった方)お疲れ様でした。
これからもQueen Bellをよろしくお願い致します。

――from 仁村 雅雪 (Masayuki NIMURA) / Queen Bell Adviser



へい。しおりです。
POPは挑戦的な文言を埋め込んで製作しましたが、果たして効果はあったんですかね?
実は今回、私は、当サークルの前を過ぎる人の目線だけに着目して、
サークルとしての空間のどこを最初に見るか? をこっそり調べていたんですが
特に成果は得られませんでした。上見たり下見たり。人それぞれ過ぎますね。
じゃあ毎度の最後の一言。

Queen Bellサウンドは当分不滅ですので、今後ともQueen Bellをよろしく広めて……
じゃない、ぜひぜひよろしくお願いします!
――from 囲前 栞 (Shiori KAKOMAE) / Queen Bell Producer, Director